レディ

浴室暖房を設置しておけば冬でもポカポカになる

浸けおき洗いが効果的

ウーマン

全体乾燥が原則

浴槽の掃除はしっかりしていても、風呂ふたはいつの間にか黒いカビがパッキン部分や凹凸部分を中心に付着してしまいます。ここでは、風呂ふたの上手な掃除方法と保管方法について説明します。シャッター式の風呂ふたは凹凸がたくさんあるので、カビがつきやすい風呂ふたです。組合せ式や折り畳み式の方がカビはつきにくいものの、それでもパッキン部分にはカビが付着してしまいます。くぼんでいる部分やパッキンはスポンジを使って洗うのは難しいため、浸けおき洗いが効果的です。漂白剤の方がカビとりの効果は大きいですが臭いがきついので、こまめに重曹を使った掃除が良いでしょう。浸けおきによって風呂ふたの表面部分の汚れやカビは綺麗にできますが、目地やパッキンの部分は汚れが取りきれていないので、ブラシを使って取り除くようにしてください。風呂ふたの保管は全体を乾燥させることが基本です。お風呂の上に寝かせておくのはもってのほかですが、立てておいたとしても床に触れている部分がカビてしまいます。風呂ふた専用のスタンドを利用して、風呂ふた全体を床から浮かして風通しを良くしておきます。専用のスタンドでなくても、ホームセンターでキッチンや傘立てに使うスタンドを利用することでも代用することができます。シャッター式の風呂ふたは収納に場所を取らないことがメリットですが、どうしてもカビやすいので、折り畳み式や組合せ式に変えることを考えても良いでしょう。